現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

クラスが成熟すると先生は必要なくなる〜ハッピー黒板先生不要説〜


LINE@に登録すると3ヶ月で費用13万円の「やりたいことを形にする」講座
はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント
悩み相談、子育て相談も可能。気軽にれご連絡ください!
f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

クラスが終わるまであと数日。
毎年「どうやってクラスを終わらせようか」

それを真剣に考えている時期です。

「クラスが終わる」の画像検索結果

 

 

 


クラスのお別れ会はどんなレクをやろうか。
普通のドッジボールや遊びだけじゃなく
最後にふさわしいレクを考えよう。

 

 

 


誰でも楽しめて
誰もが思い出に残るような
面白いレクはないかな?

 

 

 


なんて私自身が張り切っていました。

 

 

 

 

しかし、今のクラスには

私の居場所はありません。

 

 

 

それが顕著に現れたのは

算数の時間です。

「算数」の画像検索結果

 

 

 

 

 

もう通常の授業は終わり

5年生の総復習の時間となっていました。

 

 

 

 

 

基本は先生が教科書を丸つけして

副教材の問題集は

子供同士で交換して丸つけをしています。

 

 

 

 

 

やはり公立の学校なので

進度に差が出てきます。

 

 

 

 

 

早く終わる子は

ゆっくりな子の4時間以上も早く

全ての課題が終わってしまうのです。

 

 

 

 

 

1学期、2学期は、そんな子のために

難易度の高いスペシャル問題

を用意して対応しました。

 

 

 

そのスペシャル問題も人気で

結構チャレンジして頭を抱える子が多かった。

 

 

 

 

当然、今回も

スペシャル問題を準備して

暇にならないように準備していたのですが

 

 

 

 

 

今回はスペシャル問題は

不要でした。

 

 

 

いや

 

 

 

 

担任の先生自体

不要になりました。

「先生はいらない」の画像検索結果

 

 

 

 

早く課題を終わった子が私のものにきてこう言いました。

「先生、隣の〇〇君に教えていい?」

 

 

 

 

その子はいつも早く算数の問題を解ける子でした。

1学期には懇談会でも

 

「学校の算数の授業は得意みたいで、暇しているみたいなんです。余分の課題ありませんか?」

 

と保護者から言われていました。

 

 

 

 

 

 

もちろん、スペシャル問題も

多数正解できます。

それが楽しくて何度も何度も挑戦していました。

 

 

 

 

しかし、その子は

誰かに教えることを拒み続けていました。

「自分の算数意欲を埋めたい」

そんな意識さえ見られました。

 

 

 

 

 

 

そんな子が

「先生、隣の〇〇君に教えていい?」

 

そうやって聞きにきたのです。

 

 

 

そこからというもの

私は必要なくなりました。

 

 

 

 

 

課題をクリアした子が

「分からない人〜!教えるよ〜」

と声をあげ

 

 

 

終わってない子は

「教えてくださ〜い!」

「教えてくれてありがとね〜」

 

そうやってクラスが成り立つ。

 

 

 

 

 

友達だから

本当に納得するまで何度も聞く。

「子供同士で教えあう イメージ」の画像検索結果

 

 

教えかたが分からなかった時だけ

先生に「先生、ここどうやって教えたらいい?」

って聞きに来る。

 

 

 

 

 

クラス中を見渡すと

あちこちで教え、教わる姿がある。

 

 

 

 

先生は、丸つけも子供に任せて

くるくる回りながら「いいな〜。素敵だな〜」

みんなの教えている風景を写真に収めているだけ。

 

 

 

 

先生は不要です。

 

 

 

それは、クラスお別れ会の話し合いでも同じこと。

先生がが心配しているような

「みんなが楽しめるようなレクがいいな〜」

「最後だし、いつもと違うレクがいいな〜」

 

 

 

 

それを子供達自身で考えて

解決してしまいます。

 

 

 

国語の話し合いだって

私は黒板に板書をしているだけ。

 

 

f:id:yumezyuku:20190318070023j:plain



 

 

「先生がなんとかしよう」

ではなく

「子供に任せてみよう」

 

 

そうすると

クラスはハッピーに回っていきます。

 

 

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!