現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

アルティメットは「ルールが究極!」ワールドカップでも審判はいない?!心も育つ素敵なルール。


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

皆さんは「アルティメット」という競技をご存知ですか?

 

f:id:yumezyuku:20190529203454p:plain

日本語で「究極」という名のスポーツ

 

 

なにそれ?

って方は下記のリンクをご覧ください。

https://www.jfda.or.jp/introduction/officialrules/

 

 

 

長くて読む気にならん!!

って方のために簡単に説明しますと

 

フリスビーを使った、ドリブルなし・接触なしのラグビー(後ろにも前にも自由にパスできる)

みたいなものだと思ってください。(アルティメットをやっている方申し訳ありません)

 

 

 

私的に考えたのですが。

なにが究極かと言いますと

 

 

 

①運動量が究極

サッカーコートくらいのコートで

7人で行われるアルティメット。

 

攻守が簡単に入れ替わり、全員が動き回ります。

バスケットをサッカーコートでやるような感じです。

さらに、ディスクの保持は10秒しか許されておらず、味方はパスを受けるために絶えず動き回ることから運動量が究極だと言われています。

 

 

 

 

②スポーツマンシップが究極

なんとこの「アルティメット」

審判が存在しません。

 

f:id:yumezyuku:20190529204442p:plain

審判がいないのがルール

 

スピリット・オブ・ザ・ゲーム

と言って、各選手のフェアプレイに対する責任感の上に成り立っ
ていいます。

 

もちろん公式試合も審判はいません。

 

 

 

そんなことしたら喧嘩にならないの?

そう思いますが、そうでもないのです。

お互いがスポーツマンシップに則り、客観的な視点を持ってプレーをする。

そして、相手のプレーを賞賛したり、賞賛されたりすることで

勝敗においてもお互いが納得いくようになるというのです。

 

 

 

 

このスポーツ、私的にはとても面白いスポーツです。

ぜひ一度調べてみてください。

 

 

 

 

このアルティメットを通して、子供たちに

「お互いを尊重し合う心」「自分の行動を客観的に判断し、素直になる心」が育つと考えています。

 

 

 

 

試合となると、どうしても勝ちたくなり

ルールにいちゃもんをつけたり、文句が出たりしがちです。

「あの時点が入っていた!」「ファールだったのにとってもらえなかった!」なんて。

 

 

 

しかし、この「アルティメット」は各自が審判。

最初はもめることもあるでしょう。

最初はギスギスすることは承知の上です。

 

 

 

 

 

その中で、「お互いを尊重し合う心」を身につけ

ゆっくりゆっくり、心を育てていくのです。

 

 

 

目の前の子達がどうやって成長していくのか。

今から楽しみです。

f:id:yumezyuku:20190529210343j:plain

その時に書いたハッピー黒板がこちら

 

 

 

現在私が子供たちとやっている

アルティメットのルールです。

よろしければ参考にしてください。


 

f:id:yumezyuku:20190529205712p:plain

実際のコートの大きさ

 

 

小学生ではコートは大きすぎるので

プレイングゾーン25m

ゴールゾーン7m

横幅20mのコートにしてあります。

 

 

実際のルールとは多少違いますのでご了承ください。

  
 「スタートのしかた」
・じゃんけんで負けたチームが、自分のゴールラインからディスクを投げてスタート。
・スタートはお互いゴールゾーンにいなければいけない(投げたら出てよい)。
・初めは、じゃんけんで負けたチームはさわってはいけない。
・パスをつないでゴールを目指そう!

 

 


「ゴールをしたら」
・得点したチームは得点したゴールゾーンに入り、得点されたチームは反対のゴールゾーンに入る(攻める方向が逆になるから気を付けて!)。
・得点したチームがゴールラインからディスクを投げてスタート。
「ルール」
・ディスクは5秒間なら持っていることができる。
・ディフェンス側は大きな声で「5、4、3・・・」と数える(早くならないように!)。
・ディスクを持っている人にはディフェンスはついてはいけない。

・「はたき禁止」
ディフェンスは故意にはたいて落とした場合は、攻守は交代せず、相手ボールとな る。キャッチミスをして落としてしまった場合は、攻守が交代され、その場から投げることができる。

・「ハーフライン得点」
 味方が全員ハーフライン以上にいなければ得点にはならない。
 
 
 
 
 
「うまく使えば大量得点を取れる特別ルール」
 
 
 
 
 
・「ノーマークゾーン」
攻撃側にノーマークゾーンを設け、一人だけ入ることができる。ノーマークゾーンに入っている人はマークすることができない。その児童は、その他のゾーンでもプレーすることは可能。ノーマークゾーンに入れる児童は番号の順番制で行う。交代のタイミングは、得点を取った時。ノーマークゾーンは各2m。

 

・「得点2点ゾーン」
 ゴールゾーンを2つに割り、手前3mを1点、奥4mを2点とする。

 

 

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!