現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

現役教師が書いた短編小説。新聞にも載った内容を公開:題名「ハッピー黒板」


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

実は・・・数年前

私は小説を書きました。

きっかけは、子供の夢でした。

 

 

f:id:yumezyuku:20190613220924p:plain

きっかけは子供の夢

 

 

 

数年前、私のクラスに
小説家になりたいと言っていた子がいました。その子は実際に友達と小説をつくり

クラスの本棚に並べていました。

 

 


その時その子がぽつりとこう言いました。
「本当になれたらいいな。」

 

 

 

そんな目の前の子に
「やろうと思えば夢はかなうぞ!」
という姿を見せる為に

 

 

 

自分で短編小説を作りました。

 

 

 

 

 


私の仕事は「子どもたちを幸せにすること」
    
  
それは、目の前の学校の子どもたちもそうですが
  
  
できれば多くの子どもたちを幸せにしたい。
  
そんな風に考えていています。
  

 

 

 

  
教員をやっているとどうしても、学校の子どもたちだけで精一杯です。
一年約40人。

 


  
それでも密度の濃い関係を築くことができるからこそ、やりがいがあり素敵な職業です。
  

 


しかし
もっと別の方法でも子どもたちを幸せにしたい。

 

  
その想いがずっとありました。教員になると決意してからずっと。  

 

 

 

 

 

 

そして、いつしかもった新しい夢。  

 

 

「子どもたちが読むだけで生きるために大切な学べるような絵本を作ってみたい」
 

 

 


 
そして、子供の夢を後押しする意味も込めて

 

休日や長期休暇を使いながら、頭の中にあるストーリーをちょっとずつ文字に起こしていました。
  
そして、その年の夏過ぎ、10000字程度の短編の物語ができていました。
  

 

 


  
しかし、出来上がった物語。それをどうするかはずっと悩んでいました。
それはなぜか。それは世間体が私を邪魔していたからです。
 

 

 


 
これをいろんな人に見てもらいたい気持ちはある。
  
しかし
「教師になったばかりの人が何やってるんだ」
「目の前の子どものことはやらなくていいのか」
「副業になるんじゃないの?」

という不安が押し寄せる。
  

 

 

 


「面白くなかったらどうしよう」
「結局自分の独りよがりだったら・・・」
 
そんな不安が押し寄せる。
  
  
 

 

 


しかし、子どもに「チャレンジしろ!」「たくさん失敗しろ!そこから学んで成長しろ!」
そうやって言っている自分が 
 

 

 


やらずに諦めることはできませんでした。
  
  
できることからできるだけ。
 

 

 

 

 

ということで、
まずは、知り合いの文章を書くのに長けた方に見ていただこうと思い、連絡を取りました。
  
それが【きぼう新聞】という新聞を発行されている細川さん。
  

 

 

  
その新聞は本当に素敵で
〜100年後の子供たちへラブレターを届けよう。時を超えて、人生を励ます力を発信する。〜
という思いで月に2回発行されている新聞です。
  
そんな新聞の編集長さんに
私が作った話を読んでいただきました。
 
  
そして、そのあと、素敵なメッセージをいただきました。
  

 


  

お待たせしました。
読めるゆとりができたので
じっくり読みました。

内容、素晴らしいです。
最初のワクワク感、最後のグッとくる感覚。
素晴らしいです。

ぼくが編集者なら
絵本ではなく、児童向けの小説でいきたい。
今回のような短編小説集を4〜5本ぐらい創作して
一冊にまとめて、短編小説集として小説としていきたい。
文字を読むことの大切さ、想像することの大切さがいいです。
その中で、挿絵という形で絵を入れることの方が
絵の印象が記憶に残る気がします。
一本の短編集に、4枚ぐらいの絵でしょうか。

これ、いけますよ(*^_^*)

これは僕からのお願いです。
あまりに感動しています。
ぜひ、きぼう新聞で
読者のお母さん世代とその子供たち向けに
今回の話を、6話ぐらいで小分けにして連載したいです(*^_^*)


  
  
  
そして、小説を新聞に載せていただけることとなりました。
  

 

 

 

それからというもの

実は3作の小説を希望新聞に掲載させていただいています

 

 

 

その1作目を今回

ブログで公開しようと思います。

 

 

 

 

 

もし、よろしければご一読ください。

  

 

 

小説「ハッピー黒板」VOL1へ

 

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!