現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

小説「ハッピー黒板」vol8


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

【最後の手紙〜感謝〜】

 

 

あおい様。これが最後の一枚となります。

今まで、あおい様が、勉強に対して、新しい考えを持っていただけたら嬉しいなと思っています。

 


さて、私からお伝えする内容はこれで最後です。

 

しかし、その前に、あおい様に感謝を伝えさせてください。私は、あおい様がハッピー黒板を書いていただいてからの一週間、私自身「勉強とは何か」を真剣に考えました。

 

 

毎日図書館に通い、本を読みました。初めて講演会にも行き、大人から話を聞きました。

 


そして、手紙を書くことを通して、私自身成長することができました。どうしたら伝わるかな。そんなことを真剣に考え、何度も手紙を書きなおしました。これは、あおい様がこの質問をすることがなければ、できなかった経験です。

 

 

・・・まさかいつも宿題をやっていない私が、毎日宿題勉強が楽しくなるなんて。宿題を真剣にやれるようになるなんて。すべて”あーちゃん”のおかげだよ。ありがとう。

 


さて、最初に出した「条件」の話をするね。その条件。

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

次はあーちゃんが誰かの「笑顔の配達人」になって欲しいの。

 

 


大切な人の悩みや迷いをあーちゃんが「ハッピー黒板」と「手紙」を通して解決して、幸せにしてあげて欲しいの。

 


もちろん、あーちゃんにも分からない悩みもあるかもしれない。でも、あーちゃんなら大丈夫。


あーちゃんのハッピーがどんどん続いていきますように。いつもありがとう。

 

 

 

大好きだよ。あーちゃん。


「笑顔の配達人」より

 

 

 

 

 

 

 

「・・・ゆ・・い?」

 

 


涙が止まらなっかった。「あーちゃん」この呼び方をするのは唯だけだったから。
まさか、この手紙を書いてくれたのが、唯だったなんて。どれだけの時間を自分のために使ってくれたのだろう。

 


どれだけ自分のことを大切に思ってくれていたのだろう。
唯が自分のことを本気で思っていてくれた。それだけでもあおいの人生を変えるには十分なことだった。

 


あおいは家を飛び出し、唯の家へ自転車を走らせた。
早く唯に会いたい。あってこの口で「ありがとう」を伝えたい。

 

 

「唯!」

「あ、あーちゃん!どうしたの?こんな遅くに」

「ゆい・・・ありがとう。私、私、唯のおかげで私、今すごく幸せだよ」

「お礼を言うのは私の方だよ。あーちゃん。私、あーちゃんがあの黒板に書いてあることを見なかったら、勉強する意味なんて考えたこともなかった。考えもしないまま、勉強はつまらない。面倒くさいって言って終わってたと思う。それに気づかせてくれたのはあーちゃんなんだ。ありがとう。」

 

「私、唯に何もできてない。唯に何かしたいんだ。私の人生を変えてくれた。そのお返しに何かさせて!!」

 

「ううん。私もたくさんのものをもらったんだよ。それに、条件は読んでくれた?私が、笑顔の配達人をしようと思ったのは、あーちゃんのおかげなんだ。私も実は、あーちゃんの前に黒板に助けられたの。

 

その時の『笑顔の配達人』はさっちゃんだった。そうやって昔から、あのハッピー黒板は使った人全員を幸せにしているんだと思うの。

 

だから、『恩返し』じゃなくて、次の人をハッピーにするために『恩送り』をしてほしいの。そっちの方が、たくさんの人がハッピーになっていくでしょ?」

 

 

「唯はすごいね。同じ年齢なのに、大人みたい。」

 


「ううん。これも、すべて、あーちゃんの悩みを聞いた後に読んだ本とか、講演で聞いたことなんだ(笑)だからあーちゃんのおかげだよ」

 


「私もそんな風になれるかな?唯みたいにハッピーを広げていけるかな?」

 

「あーちゃんなら大丈夫。手紙の最初に書いてあったでしょ?『この手紙を受け取ったということは、あなたには「人生を変える力と勇気」があるということです。この手紙は、その力がある方にしか届きません』って。一緒にハッピーを広げていこう」

 

 

あおいは、心のそこから溢れる感謝の気持ちと、誰かのために自分の力を使いたいという気持ちが抑えられなくなっていた。
読み終えた後の条件は、笑顔の配達人が言っていた通り、『人生が幸せになった時、必ず行いたくなること』だった。

 

 

 

 


次の日。


「ねぇ健太〜あのゆうれい階段のうわさ知ってる?」
  

 

 

 

〜fin〜

 

 

 

 

いかがでしたか?

最後までおつきあいいただきありがとうございます。

コメント、メッセージ、シェアをいただけたら嬉しいです!

 

小説「ハッピー黒板」最初に戻る

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!