現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

子供を主体的にさせる学級経営。自ら考えて自ら行動するようになる仕組みとは


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

最近

現在の大学生の子と話をしていて

「我慢すること=あまり良くないこと」という風潮を感じます。

「やりたいことをやろう!」という波がきていることを感じます。

 

 

 

そうやって、自分の思いに正直に走れる若者が増えるのはとても良いと思っています。

先日、とある大学のキャンパスで講演をさせていただく機会がありました。

https://www.facebook.com/events/449732482431006/

f:id:yumezyuku:20190701212431p:plain

はじめのいっぽを踏み出す応援の場。素敵でした。

 

 

しかし、現場の学校をみていると

「我慢」をたくさん教えているような気がしてなりません。

 

 

 

特に「勉強」は多くの子にとって

我慢の場になっている気がします。

 

f:id:yumezyuku:20190701213653p:plain

学校が我慢の場になっていませんか?

 

 

 

実はそれも悪くはない。

我慢ができるって大人にとって大切な能力だから。

やりたいことを形にするって、ワクワクを追いかけるって、そういう我慢の場も必要な時があるから。

 

 

 

 

それに、今の「やりたいことをやろう!」「勇気を出して踏み出そう!」

としている人も同じこの教育を受けて来ているのだから

そのような人が出たことにも

この教育の意味はあるのかもしれません。

 

 

 

しかし

 

 

勉強や宿題=我慢

だけでは、とてももったいない気がしています。

 

 

 

実は勉強は楽しいし、楽しめる。

 

その楽しさを知るための我慢であればいいのになと感じています。

 

 

 

 

 

そして、学生の本分は勉強だ!!

とよく言いますが

 

 

 

私は「それだけじゃないのにな〜」と思います。

 

 

こんな偶然、たまたま同じ地域に、同じ年代に生まれた人同士が同じ空間に集められるという

社会からしたら「異空間」を味わえる時代。

 

 

それこそ、コミュニケーションを学ぶ良い機会だし。

全く趣味も目的も環境も違う人たちで集まる中でうまく集団を作っていくという

マネジメント能力も身につけられる時代。

 

 

利用しない手はないと思います。

 

 

 

 

だからいつも私は「授業」よりも「クラス経営」のアイデアが湧いて来ます。

どうやって面積の公式を教えるかよりも

どうやってこの目の前の40人がハッピーに教室で楽しめるかを考えてしまいます。

 

どうやって国語の読解力をつけるかよりも

どうやって話し合い活動が盛り上がるのかを考えてしまいます。

 

 

 

今回は「クラスをより楽しく改善する方法」を子供たちと実践しました。

 

 

 

 

月に一回、私のクラスは「自分のクラスに点数をつける」ということをしています。

その後、その点数がプラス5点になるためにはどうしたら良いか話し合う時間を設けています。

f:id:yumezyuku:20190701214139j:plain

その時の黒板がこちら

 

 

f:id:yumezyuku:20190701214209j:plain

点数はこれだけアップしました!

 

 

 

プラス5点会議では

たくさんの意見が出たので・・・

 

 

 

よし!!選挙じゃ〜〜〜〜〜!!!!

 

f:id:yumezyuku:20190710064007p:plain

学級内選挙

ということで、クラスを変える政党を立ち上げ

その政党の公約ポスターを作り

選挙を行うことにしました。

 

 

 

その政党の名前がまた秀逸w

 

f:id:yumezyuku:20190701215606p:plain

お弁党に

 

 

f:id:yumezyuku:20190701215633p:plain

イースター党


 

f:id:yumezyuku:20190701215709p:plain

ナイスセンスのポテイ党

 

計10個の政党が、ポスターを作り演説を行い

選挙をします。

 

 

 

 

 

この選挙で選ばれた第1党は

先生と同等の権利を得て、向こう1ヶ月間公約実現のために他の子供たちに指示をして、クラスをハッピーにできる。

 

 

 

選挙演説ももちろんします!

そんな風に、クラスをハッピーにするために前のめりになる工夫をするだけで

我慢ではなく、楽しい遊びになるんです。

 

 

 

 

※追記です。

 

政党が立ち上がって約1週間がたちました。

全ての政党の名前がまた面白い。

・お弁党

・イースター党

・ポテイ党

・チキンナゲッ党

・テリヤキマックバーガーセッ党

・加党(メンバーに加藤さんがいるため)

・伊党(メンバーに伊藤さんがいるため)

・納党

・絶海の孤党

・窃党

 

 

それぞれ個性に富んだ素敵な名前が並びます。

 

 

 

そして、朝の会と帰りの会のでは、各政党の演説がありました。

「僕たちはイースター党です!突然ですが見てください、あの水筒!!紐が出ていて危ないですよね?つい最近、落として割ってしまった人もいます!!私たちが選ばれたら、あの汚い水筒の場所を綺麗にします!どうやってやるかというと・・・」

みたいに、本格的に演説をしている党もありました。

ãæ¼èª¬ é¸æ ã¤ã¡ã¼ã¸ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

(次回はタスキと白手袋、マイクの小道具を用意しようかな〜!)

 

 

 

投票も手をあげるパターンではなく

ちゃんと投票用紙に政党の名前を記入するスタイルで。

 

 

開票も1枚ずつみんなの前で行います。

1票1票それぞれ政党に票が入るたびに

「お〜〜〜!!」「頑張れ加党!」などと声が上がります。

 

 

 

最終的に第1党に選ばれた政党は

 

 

f:id:yumezyuku:20190701215633p:plain

イースター党

でした。

 

 

 

一番初めに演説を行いましたが

演説が圧倒的でした。

みなさんにも聞いていただきたいほど。面白かったです!

 

 

 

 

さて、ここからが本番。

 

f:id:yumezyuku:20190710064328j:plain

 

 

通常の選挙も同じですが

「選ばれてからが本当は一番大事」「選んでからが大事」

です。

 

 

選ばれた政党は、「選んでもらった責任」

選んだ人には「選んだ責任」があります。

 

選ばれたイースター党メンバーには

先生と同等の権利があり、向こう1ヶ月間、公約実現のために他の子供たちに指示をして、クラスをハッピーにできる。

という権利が与えらえます。

 

 

それもただの指示だけでは他の子も動きたくなくなります。

それをどう考え、どう行動していくのか。

 

他の子も、自分で選んだ政党なのだからその政党の政策は一緒に行うし

もし、クラスをハッピーにしていないようなら、声を上げなければなりません。

 

 

 

それをまた楽しみながらどう乗り越えていくのか。

そこがこれからの課題です。

今後がとても楽しみです。

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!