現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

若槻千夏がニュースZEROで炎上?!現役教師がそのことについて本気で考えてみた


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

私が所属している「はじめてらすオンラインサロン」では

日夜いろんな更新がされています。

はじめてらすって何?って方はこちらから

 

オンラインサロンはこちらから

 

 

その中で、参加者が読んだ方がいい記事、メンバーに伝えたいニュースなどを日々伝えあっているページがあります。

今日、その中で、こんな投稿がありまして、それについて考えたことをシェアしたいなと思い、ブログを書いています。

f:id:yumezyuku:20190722190954p:plain

オンラインサロンメンバーが投稿してくれた記事

 

 

このシェアしていただいた記事はこちらになります。

news.yahoo.co.jpあ足

  

f:id:yumezyuku:20190722223249p:plain

ニュースzeroで若槻千夏の発言が炎上

 

教育関連の記事ですが、もしよければご一読ください。

 

記事を簡単にまとめると以下のようになります。

その日のニュースZEROでは、教員不足問題を特集。

ある小学校では先生が一人辞めたことでトイレにも行けないレベルの深刻な教員不足となり、「午前7時半ぐらいに来て午後8時ぐらいまでは毎日残っている」「授業の時数が増えてやることがすごく増えた」「保護者対応が莫大に増えた」、また別の中学校では先生2人が産休と病欠で休んでいるため、「2年生の国語の授業ができない」「毎日だいたい12時間ぐらい学校にいる」「そもそも先生方のなり手が少ない」といった、教師たちの学校現場からの“悲鳴”が取り上げられた。文科省によると精神疾患による休職者が20年前の約3倍の5077人(小・中・高2017年度)にのぼるなど、厳しいデータも紹介された。

実際にスタジオにも現役教師がコメンテーターとして出演。業務が多すぎ2人分の仕事を1人の教員が抱えていたり、プライベートの時間も削って対応しているなど、過酷な状況をコメント。留守番電話等を活用して勤務時間外の対応をなるべくやめ、18時以降は電話に出なかったりしている、など教師の負担を減らす対応策について言及した。

 

それに対して若槻さんはこんな風にコメントして炎上しています。

 

学校「働き方改革で18時以降留守電対応にしている」


若槻「じゃあそれ以降子供に何かあったらどうするんですか!」


学校「万引きや帰ってこないは警察が対応(学校側の責任ではない)」


若槻「対応しないのは寂しい!!ごくせん見たでしょ!金八先生見たでしょ!」

 

 

 

 

 

 それについて現役教師の私が本気で考えて見ました。

 

 


正直、私の地域では、18時以降でも全然保護者対応もするし、いつでも電話も出るし、お祭りの補導も行くし、朝の立ち番もやるし、全部やります。

 

 

 

 


しかし、その流れに待ったをかけようとしている流れ、つまり働き方改革という名のもとに、教育委員会がそのような対応に変えようとしていることは事実だと思います。

 

 



この記事にあるように、

18時以降に動く先生もいるし、そうやって市や県で18時以降は対応しないと決めるところもあります。両方あります。

 

 


私が共感したのはこの部分。

 

【ですが、そのことと、それを強要してよいかは、別問題です。】

 

f:id:yumezyuku:20190722221907p:plain

教員は、教えること以外にやることがたくさん

 

若槻さんの言っていることもわかります。

教員は、その熱意や心がなければいけないと思うのは、私も共感します。

 

 

 

しかし、世間からそう見られていることがあるというのは少し悲しいなと思います。

 

 

 

ぶっちゃけ、
17時以降は教員が行うのは、ほとんど子供のためです。


それ以上に仕事量が多すぎるのもありますが、残業代は一律で給料に4パーセント上乗せされているだけなので、どれだけ残業しても変わりません。

その法律が「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」です。

 

 

 

 

 

そこに対して
「対応は義務」としてしまったら教員は辛いと思います。

 

 

 

 

例えば、薬局に「うちの子が22時に熱出した!薬を届けてくれ!」と言って対応してくれたら

f:id:yumezyuku:20190722222858p:plain

 

 

「ありがたい!すてき!」ってなりますよね?

 

 

 

 


逆に「営業時間外です」となった時に
「それは寂しい。病気の子が目の前にいるのに!!」ってなりますか?って話です。

 

 

 


ただ、学校では、昔はそれをやってくれた。と悲しくなるのも分かります。

 

 


しかし、現代は子供の教育を学校に任せ過ぎている問題も挙げられます。
一昔前なら、万引きしたら万引きしたら駄菓子屋のおっちゃんがゲンコツして教育してた時代があり、親がそこに謝りに行ったりしてそれで終わりでした。

 

 


そこがなぜか真っ先に「学校」になる。
学校はどうなっているんだ!ちゃんと教育してんのか!と。

 

 

 

いや、その前に親でしょ。と。

 

 


そして、学校や地域でしょ!と。

 

 

 

 

 

 

 

働き方改革についても
「働く時間」だけを削減しようとしている感じが否めません。

 

 

これでは、熱意ある先生は動けなくてやる気を無くし、教育を学校に丸投げしている親は憤りを感じ・・・・・のような気がします。

 

 

 


ではどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

 

それは、「学校だけに任せない」だと思います。

 

 


地域で暇してるおじいちゃんおばあちゃん。親、お店の人。そして先生。
総出で子育てです。

 

 

みんなで寄ってたかって子供を育てていけること。

古き良き時代と呼ばれる昔の日本、

今の活気がある東南アジアなんかがモデルになるような気がしています。

 

 

そうやって時代が巡って行ったらいいのではないかと個人的には思っています。

 

 

 

 

 

こんなやりとりを日々行っています。

私も所属しています。

 

 

はじめてらすメンバーになりませんか?

オンラインサロンはこちらから

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!