現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

今の子供に伝えたい「チャレンジ精神」の話。「無理」はやってから言え!


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

Q,質問です

あなたには、行きつけのパスタ屋さんがあり、そこのカルボナーラが大好きです。

そこに行ったら、必ずと行っていいほどカルボナーラを食べます。

ある時、いつものようにカルボナーラを食べようとお店に行ったら、新商品のパスタが発売されていました。

皆さんはどうしますか?

 

f:id:yumezyuku:20190904063119p:plain

安定の味を選ぶ?冒険する?

 

A,「カルボナーラが美味しいのはわかっているから冒険せずカルボナーラを食べる

 

B,「もしかしたらカルボナーラを越えるパスタに出会えるかもしれないから新商品を食べる」

 

 

 

どうですか?

今日は、学校で起きたことを紹介しつつ、「チャレンジ精神」の話をしようと思います。

 

 

冒険をしなくなった子供たち

f:id:yumezyuku:20190904063537p:plain

いろんな冒険をしていますか?

「子供たちが冒険をしなくなった」

「子供たちがチャレンジをしなくなった」

最近の子供たちの傾向だと言われています。

 

 

私のクラスでは、次期学級代表、時期児童会役員など

表にでてクラスや学校を運営するメンバーに誰がなりたいかと言う話をしていました。

 

 

すると、ほとんど手が上がらないのです。

むしろ、「やりたい!」と言うのは何度もその役職を経験している子供たちばかり。

 

新しく「やったことないけどやってみたい」

と言う子がほぼ0でした。

 

 

 

 

チャレンジ精神が育ちにくい時代背景がある

世代で分けるのはあまり好きではありませんが

今の子供たちの時代背景を知っておくと、どう接していいかも分かってきます。

知らずに私たちの価値観を押し付けるのではなく、その時代にあった伝え方をすることも大切です。

 

今の子供たちを理解するには、少し前の世代から遡った方が良いと思うので、少し前から説明をします。

 

食欲世代

f:id:yumezyuku:20190904205652p:plain

食べられることに価値を見出した食欲世代

戦後〜バブル前までの時代を「食欲世代」と言っています。

これはどんな時代かと言うと、「満足に食べられること」に価値がある時代です。

 

戦後、日本は焼け野原になり、そこからお腹いっぱい食べられることを夢見て

人々は働き、家族を養って行きました。

 

その時代の詳細は以下の通りです。

 

 

焼け跡世代

f:id:yumezyuku:20190904064948p:plain

焼け跡世代

この時代は、チャレンジ精神しかなかった。

戦時中、戦後の生まれた世代であり、日本は焼け野原になりました。

そのときに生まれた人たちです。

何もないところから、幸せを手に入れようとなんでも挑戦する精神が身についたのだと思います。

むしろ、そうしなければ生きていけなかったのです。

 

 

 

物欲世代

f:id:yumezyuku:20190904205929p:plain

物を買うことに価値があった物欲世代

高度経済成長〜氷河期時代あたりの世代は

「物欲世代」と言われています。

お金を稼ぎ、高級品を買い、身につけると言うことがステータスだった時代です。

 

そのために仕事を頑張り、様々なチャレンジをする時代でした。

高度経済成長を味わい、バブル崩壊を味わったジェットコースターのような時代エス。

 

詳細は以下のような世代です


 

物を買いたい団塊の世代

企業戦士と言われ、この時代に生まれた人が社会人になった時

労働力としてのちの好景気の基盤を作ったと言われています。

まだ、テレビやクーラー、冷蔵庫などが一般の家庭に普及し始めたころ。

その3種の神器を買うためにチャレンジしていた世代です。

 

 

好景気に沸いたバブル世代

f:id:yumezyuku:20190904065113p:plain

好景気に沸いたバブル世代

好景気になり

お金は汗水たらして稼ぐものではなく、財テクで稼ぐものといった考えが一般的になっていき、土地や株価は永遠に上がり続けるといった神話を誰もが信じていた時代です。

 

崩壊した氷河期世代 

f:id:yumezyuku:20190904070227p:plain

全てが崩壊した氷河期時代

 バブルが崩壊し、就職難が押し寄せてきました。

景気が後退するなかで、バブル期の過剰な雇用による人件費を圧縮するために、企業は軒並み新規採用の抑制を始めた。さらに、同時期の政界では短期間で枠組が著しく変動する大混乱のさなかにあったため、政府が景気対策に本腰を入れて取り組むことが困難な状況であった。

それでも、1993年を底として景気がゆるやかに回復し、1997年新卒の就職状況はいったんは持ち直したが、消費税引き上げなどの緊縮財政に加え、1997年夏のアジア通貨危機、不良債権処理の失敗から1997年下半期から1998年にかけて大手金融機関が相次いで破綻したことなどで景気が急速に冷え込んだため、再び就職状況が悪化した。この時期は、求人数の大幅削減のほかに、企業の業績悪化や新興国との競争激化によって新卒を企業人として育成する余裕がなくなり、現場に即投入できる「即戦力」を新卒に求める風潮が現れた。

 (ウィキペディアより)

 

 

 

心欲世代

f:id:yumezyuku:20190904210507p:plain

心を満たしたい心欲世代

これは、1990年代に生まれた子供〜現代の若者あたりの世代だと言われています。

食べ物も当たり前に手に入り

必要最低限の物も手に入っている時代です。

 

この世代は、「心の繋がり」「心地よさ」に価値を置いています。

スピリチュアルが市民権を得たり

ヨガ

断捨離

瞑想

ミニマリスト

など、心をスッキリする物が流行しています。

 

 

 

今の子供はもっと新しい世代

さらに、今の子供は先に進んでいます。

少子高齢化で、核家族化が進み、子供の数は減少しました。

つまり、一人の子供にかけるお金が増えています。

 

生まれながらスマホもパソコンもありますし、お金にもあまり困っていません(一般的に)
すると、物欲はあまりありませんし、スマホがあれば、一人でも十分娯楽が楽しめます。

 

表面上の満足感を得てしまっている世代です。

 

 

 

 

すると

「挑戦して新しいものを手に入れよう」という気持ちが薄れていきます。

 

 

 

さて、本題に戻ります。(長くてすいません)

今の子供たちは「食わず嫌い」ならぬ「やらず嫌い」が多いような気がします。

やったことないけど、今の生活で満足しているし、挑戦して失敗するの怖いから、とりあえずやらない

という感じ。

 

 

しかし、これから先の世代は

予測不能な未来が待っている時代です。

 詳しくはこちら

 

www.nino2no.com

 

 

ダボス会議では

世界経済フォーラム - Wikipedia


今の小学生の65%が、現在存在しない職業に 従事するだろうとも言われました。


よく考えれば
10年前に無かった仕事は世の中にあふれています。

 

 

そんな中で「今までと一緒でいい」なんて

勿体無い!!!!!!

 

と言うことで

こんな黒板を書きました。

 

 

このブログで一番伝えたいこと

f:id:yumezyuku:20190904211930j:plain

メッセージ性が強い黒板になってしまいました

 

今のままで満足かもしれないけど

今、まだ経験していないことの中に自分の人生を大きく変える物があるかもしれない!

やったことないのに「無理」ってどうしてわかる?

やったことないのに「どうせできない」ってどうしてわかる?

やったことないのに「どうせつまらない」ってなぜわかる?

そうやって言うのはやってみた後で十分間に合う!

やったことないことにチャレンジしてみよう。

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!