現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

授業以外で自主性、主体性を育てる。子供が自主的に動くしかけ。子供が主体的に学ぶようになるコツ。〜ハッピー黒板の復活〜


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

今、学校現場では

「主体的」

という言葉が大流行しています。

f:id:yumezyuku:20191114064217p:plain

子供が主体的に動くしかけとは

 

「アクティブラーニング」が盛んに叫ばれている今

その概念が教育現場にようやく届きつつあります。

 

 

今日は、授業ではなく、宿題やその他の時間を使って

自主的・主体的に行動するようになった子供たちの事例とその仕掛けについて紹介します。

 

 

 

 

 

授業がアクティブラーニングにならないわけ

 

アクティブラーニング

アクティブラーニングと叫ばれていますが

見ている中で多くの授業は、まだアクティブラーニングとは呼べない代物です。

 

 

 

 

その理由は大きく分けて3つです。

f:id:yumezyuku:20191114064516p:plain

先生がアクティブラーニングで授業ができない理由
  • アクティブラーニングについて学ぶ時間が確保できない。
  • 学ぶ時間ができたとしても、使うための準備の時間が確保できない(その準備をするための余力がない)。
  • 教える内容が膨大すぎて、他の教科や単元を圧迫する。

これは、言い訳に聞こえるかもしれないですが、事実です。

 

 

 

 

 

さらに、年に数回の研究授業や、教育委員会が訪れる学校訪問、親御さんが訪れる授業参観。

そのような時にはアクティブラーニングで子供が生き生きと活動しているところを見てもらいたいと思うのが教員です。

 

すると、その年に数回訪れるビックイベントに全力を注ぐわけです。

 

 

 

 

それがすぎると燃え尽き症候群みたいになり

なかなか持続して同じような授業ができないのです。

(授業準備がかなり大変。資料作りや模擬授業などで毎日毎日残業残業になるので)

 

 

 

 

 

授業以外で主体性を育てるのは以外と簡単

f:id:yumezyuku:20191114065627p:plain

授業以外で主体性を持たせるのは以外と簡単

しかし、本来の「主体的」という言葉を考えると

必ずしも授業だけでそれを達成しなければいけないということではありません。

自分意志判断によって行動するさま

 

主体的と自主的について詳しくブログに書いてありますのでよろしければご覧ください。

 

www.nino2no.com

 

 

 

私は、「宿題」「係活動」を使って

主体性を伸ばしています。

 

その具体的方法は、このブログの後半でお伝えします。

 

 

 

 

子供が主体的になるために渡してあげるもの

f:id:yumezyuku:20191114065956p:plain

子供が主体的になるために、先生から渡してあげるもの

 

子供が主体的に動くようになるためには

2つのものを子供に渡してあげなければいけません。

 

 

それが

①自由

②責任

です。

 

この二つをわかるように提示してあげること。

そして、一度子供にそれを渡したら

大人は見守らなければいけません。

 

 

 

 

子供が自由に考え、行動できる範囲をしっかり伝えてあげること。

そして、その責任を子供が負えるような仕組みを作る。

 

 

要するに子供を信じて任せる

ことが主体性を伸ばす重要な鍵になるわけです。

 

 

 

 

 

 

ここからは、私が行っている自主性、主体性を伸ばす方法をお伝えします。

 

宿題で主体性を伸ばす方法

f:id:yumezyuku:20191115062430p:plain

宿題で主体性を伸ばす方法

 

普通の宿題を子どもに与えると

基本的には「嫌なもの」として捉えます。

何も考えずに行う宿題は学力向上に関して意味がないことが科学的にも証明されています。

詳しくはこちら

www.nino2no.com

 

 

 

しかし、学力向上ではなく、主体性を育む、自主性を育む目的でなら

話は変わってきます。

 

 

私が今現在出している宿題は

「子供が問題を考えたスペシャル問題」です。

 

宿題の定番の

「漢字の書き取り」

「算数のプリント」

この二つを

 

 

子供が作った問題を印刷してみんなに宿題として配っています。

 

 

今日はたかし君が作った、たか問だぞ〜(仮名)

 

のように、その子が習った範囲の問題から選んだり

テストに出そうな予想問題を作ったものを配ります。

 

 

すると、多くの子から

今日は僕の問題使って!

私も問題作ってきた!

俺も作ってきたよ!激ムズ問題入ってるから!!

 

となりました。

 

 

作る子は答えも作るわけで

さらに学びになります。

 

 

ここだけの話

宿題の量的には、今の方が多いですw

しかし、楽しそうにみんな宿題を行ったり、問題を作っています。

 

 

 

 

 

 

係活動で主体性を伸ばす方法

 係活動も、「配り係はプリント類の配達をする」「給食係は給食時に机を拭く」などの与えられた仕事をただ淡々とこなすだけではなんの意味もありません。

 

 

 

 

 

そういう社会人が望まれた時期もありましたが

それはこの先、機械化されて仕事が無くなるのがオチです。

 

 

 

 

そこで考えたのが

「係活動の会社化」です。

詳しくは、以下のブログをみてください。

www.nino2no.com

 

f:id:yumezyuku:20191115065126p:plain

係活動で主体性を伸ばす仕掛け

簡単に流れを説明すると

1、各係につき、50ハッピー(クラス限定の紙幣)を配る

 

 

2、各係は、通常業務以外にクラスがハッピーになることを考え、自由に行うことができる。
その活動は、バイトを外部から募集しなければならない(1人以上)

 

 

3、バイトには、日給、週休、もしくは能力給を予め明示して募集をかける

 

 

4、掲示板に募集をかけ、多ければ面接。

 

 

5、そのバイトと係のメンバーでハッピーになる活動をする。

 

 


6、活動に対して使用する画用紙、ダンボール、印刷、名簿、掲示物には値段が決められており、紙幣を支払わなければ使用できない。

 

 

7、週末に先生がその活動に対して、どれくらいクラスがハッピーになったか査定をして、ハッピーをプレゼント。
月に一度係会議を行い、係りがクラスをハッピーにしているかを査定する。

 

 

 

8、『50ハッピー以下』『新しいチャレンジをしていない』係は「倒産」もしくは、先生と一緒に「再建」のどちらかをえらぶ

 

 

 

9、バイトとしてもらったハッピーは、自分の係のポイントに貯められる。

 

ざっとこんなルールです。

 

 

 

 

 

すると、子供たちは

「ハッピーを貯めるぞ!」

「会社を大きくするぞ!」

と様々なクラスが良くなることを考え、実行していきます。

 

 

 

 

もちろん、掲示物を作っても費用がかかるのでやりっぱなしだと赤字になる可能性もあります。絶えず今やっていることがクラスの為になっているのかを考えて行動して行かなければ会社は成長して行かないシステムです。

 

 

 

 

新しい仕事がどんどん生まれています。

 

 

例えば、

保健係の「休み時間後の手洗いチェック運動」

給食係の「配膳スピードギネスチャレンジ」「金曜日残さず食べようチャレンジ」

学級代表の「お悩み相談室」

などなど。

 

 

自由に活動を行うことで主体性は高まってくると思います。

 

 

ハッピー黒板復活

そして、この活動のおかげで

ハッピー黒板が復活しました!!!!!!

 

 

ハッピー黒板が休止した理由はこちら

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

子どもが後期の係活動で
「ハッピー黒板係」という係を作りたいと言ってくれて
 

 

 

 
ハッピー黒板が子どもたちの手によって復活しました!!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
 


 
わたしは、これを!これを待っていたのです!!
 
 
 

 
本当に子どもたちがクラスを大切にできるクラスを作ろうとおもい
  
 
 

先生から自分から手を出すことをやめて
子どもが行動してくれることを待ちました。
 
 
 

 

 

そなため。ハッピー黒板を休止。
すでに2ヶ月が経過しようとしていました。
 
 

 

 

 
「ハッピー黒板は必要なかったのか・・・」
そう思っていましたが
 
 
 
子どもたちの心には届いていた!!
嬉しい限りです💕
 

記念すべき黒板がこちら

f:id:yumezyuku:20191120175452j:plain

子どもが作るハッピー黒板



 
 

 
みんなに届けたい豆知識や、クイズ、心理テストなどを
子どもたちが朝の15分で書き、みんなに見てもらっています^o^

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか??

ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

YouTubeを始めました!

よろしければチャンネル登録をお願いします!

 


やる気を引き出す言葉ベスト10とやる気を上げる声かけ3ステップ!心理学も使って説明します!

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!