現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

インフルエンザになって気づいたこと〜意外にインフルエンザで有意義に過ごしたぞ〜


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

私ごとですが、最近インフルエンザになりました。

f:id:yumezyuku:20200204062640p:plain

インフルエンザになって気づいたこと

仕事柄インフルエンザにかかりやすい職業ですので

予防接種もして、手洗いうがいも徹底していました。

 

マスクもかけていました。

 

しかし、インフルエンザにかかるものはかかるのです・・・

これは、インフルエンザ明けで仕事に向かう電車の中で記事を書いています。

 

その中でインフルエンザになって気づいたことについて書かせていただきました。

 

 

 

インフルエンザになって気づいたこと①罪悪感

f:id:yumezyuku:20200204063134p:plain

インフルエンザになって気づいたこと①罪悪感

体がだるい、頭痛がひどいというのは大前提ですが
まず最初に感じたのが「罪悪感」でした。

 

申し訳ない

そんな気持ちが頭を駆け巡りました。

 

 

・授業が全くできなくなるので、クラスの子は授業が進まない(ごめんなさい)

・私の代わりに授業をしてくれる先生の余計な負担(ごめんなさい)

・無駄に寝込んでいる私を対応してくれる義母さん(ごめんなさい)

 

こんな感じで、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

 

でも、本当は申し訳ないことはなくて、インフルエンザの私が学校でやれることなんてないんです。

 

他の誰かが、授業をしたほうが、子供と関わったほうが圧倒的にコスパがいいのです。

 

 

確かにインフルエンザになること自体がコスパ悪いんだけれど、なってしまったものはしょうがない。

 

 

 

 

インフルエンザになって気づいたこと②感謝

f:id:yumezyuku:20200204063659p:plain

インフルエンザになって気づいたこと②感謝


次に生まれた気持ちが「感謝」でした。

申し訳ない気持ちが感謝に変わったというのが正しいのだと思います。

 

だって

自分がいないのに、仕事が回るということは、誰かが余分に私の普通にやっていた1日の仕事量を代わりにやってくれているということなんですね。

その誰かがいるからこそ私は自分の治癒に専念することができる。

 

 

これって当たり前ではないと思うのです。

 

 

 

大丈夫?と連絡をくれる奥さん。

外出れないでしょ?と自宅までご飯を運んでくれるお義母さん。

 

これって当たり前ではないと思うのです。

 

 

 

 

 

インフルエンザになって気づいたこと③仕事に忙殺されて自己対話量が少なくなっていた

f:id:yumezyuku:20200204065239p:plain

仕事に忙殺されて自己対話量が少なくなっていた

ここまでは当たり前のことだったのですが、ここからが少し深い話になってきます。

少しインフルエンザの症状が治ってくると

圧倒的に暇

なんです。

 

 

テレビを見てもあまり面白くないですし

YouTubeも、アマゾンプライムも「見たい!」というものもない。

本も読めない(そこまで回復していない)

 

 

そうするとどうなるかというと

必然的に「思考」することになるのです。

 

 

しかし、これが良かった

やはり、

「自分が何をしたいのか」

「自分が大事にしている価値観はなんなのか」

「この仕事が価値観に対して合っているのか」

 

そんなことを考える時間になりました。

皆さんは、そんな時間を日常に入れているでしょうか?

 

 

 

 

インフルエンザになって気づいたこと④仕事に忙殺されて自分の未来を想像していなかった

f:id:yumezyuku:20200204070120p:plain

仕事に忙殺されて自分の未来を想像していなかった

日々の忙しい生活をしていると

自分の未来について考える時間がなかったことに気がつきました。

理由は簡単。

 

 

「やりたいこと」よりも「やらなければいけないこと」がたくさん降ってきて

 

 

 

その「やらなければいけないこと」をこなしているうちに、いつのまにかやりたいことを見失ってしまうという感じです。

 

 

 

仕事はなんのためにしているの?

というと「幸せに生きるため」だと思います。

 

 

そんな簡単なことなのに

 

 

 

目の前のタスクをこなさなければいけない

目の前の問題を解決しなければいけない

そんな毎日をすごしていると

そんな簡単なことでさえ、頭の片隅に追いやられてしまっていることに気が付きました。

 

 

 

未来について考える時間を設ける必要性

今回伝えたいところはココです。

 

 

 

「未来について考える時間を無理にでも作ろう」

「考える時間」の画像検索結果"

 

 

あなたはどんな未来を目指して歩いていますか?

 

あなたがしているその行動は、その未来にちゃんと向かっていますか?

 

あなたがしているその行動は、その未来に到達出来そうですか?

 

無駄なことはしていませんか?

 

 

実は人間には無駄だと思うようなことをたくさんしています。

スマホをいじる時間

SNSをやる時間

ゲームの時間

YouTubeの時間

TVを見る時間

 

その時間の少しを削って

自分の未来について考えてみませんか??

 

 

まとめ:自己対話の時間を無理にでも作ろう

 

 

 

周りにいろんなご迷惑をおかけしたので

仕事で返していきます!!!

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!