読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

「やっちゃいけない」「やらなきゃいけない」は子供はよく分かっている。それでも出来ないのが人間。だからその先を勉強しよう。

 

 

数年前、道徳の授業で

「誠実さ」を勉強する内容を扱って授業をした時のお話です。

 

f:id:yumezyuku:20170527155822j:plain

 

その教材の内容は

 

100点を10回取ると、お母さんがサッカーシューズを買ってくれると約束をしてくれた。

男の子は、頑張って勉強をして9回まで満点をとった。

そして最後の10回目

返ってきたテストは100点。「よっしゃ〜」と思っていたら、一問先生の採点ミスで×が◯になっていた。

このまま黙っていれば、サッカーシューズを買ってもらえない。

でも、正直に言わなきゃ・・・

その葛藤の末、「不正をしてまで・・・」と意を決して先生に話をして100点ではなくなった。

その話をお母さんにすると、お母さんは「100点を取るより、あなたが正直に言えたことが嬉しいわ」とサッカーシューズを買ってくれることを約束してくれた

f:id:yumezyuku:20170527152503p:plain

 

と言う内容の話です。

 

 

 

 

 

この話自体は、道徳らしい、いい話です。

なんか、リンカーンの桜の木の話に似ていますね。

 

f:id:yumezyuku:20170527152624j:plain

 

 

 

その話はいいのですが

 

 

子供達の感想は・・・

 

正直にいうことは大切だとわかりました

自分も今度何かあったら、正直になろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

私は思いました。

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

そんなこと、授業やる前から知ってるよね??

誰だって「いけないことをしたら正直に話す」なんてこと知っているよ。

誰だって「ごまかしてはいけない」なんて知っているよ。

誰だって「やらなきゃいけないこと先にする」なんて分かっているよ。

それは、子供達だってわかっているでしょ。

 

 

わかっているけど出来ないのが人間でしょ!!

 

 

 

 

 

数年前に、このような感覚を覚え

今年、同じ題材で授業をする機会があったので

少し変えて、授業を行ってみました。

 

 

 

前回のように、授業を行い

資料の感想を伝え合って、同じように感想を伝えあい

 

 

 

そして一言。

 

 

 

 

「ねぇみんな。授業やる前から、『正直になった方がいい』って知ってた人?」

 

って手を挙げてもらいました。

 

 

 

 

そしたら

 

 

 

全員手があがる。

 

 

 

 

 

 

ここから、子供達と学ぶぶっちゃけトークが始まります。

 

 

これが面白いほど盛り上がりました。

 

大切なのは、

知っていることよりも、行動できること

 

わかっているけど出来ない。

知っているけどやりたくない。

 

 

 

そんな誰もが持っている心をぶっちゃけることで初めて見えるものがありました。

 

 

その内容は、また次回アップしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com